3年4ヶ月勤めた会社を辞め、青年海外協力隊でルワンダへ。未来に恋できるような人生にプラスになる情報を発信していきます。

【今週の1冊】人生最後の日にガッツポーズして死ねるたったひとつの生き方

ムラホ!! 大石祐助です! 今週の1冊は、ひすいこたろうさんの『人生最後の日にガッツポーズして死ねるたったひとつの生き方』です。 ひすいさんと言えば、ベストセラーの『3秒でハッピーになる名言セラピー』が有名です。他にも『あした死ぬかもよ?』『…

ワードジャーニー Day30「革命を起こそう」

「おもしろきこともなき世をおもしろく」 幕末の革命児、高杉晋作の言葉。 おもしろくする。 自分がおもしろくする。 「何かおもしろいことがないかな?」ではなく、自分がおもしろくしていく。外に目を向けるのでなく、内に目を向ける。 自分のあり方次第で…

ワードジャーニー Day29「なぜ生きるのか」

「なぜ生きるかを知っている者は、どのようにも生きることに耐える」 オーストリアの精神科医、ヴィクトール・E・フランクルの言葉。 生きる意味を持っている人間は強い。 志とでもいおうか。これがあるかどうかで、人生は大きく変わる。 しかし、ふつうに生…

ワードジャーニー Day28「健康第一」

「健全な精神は健全な身体に宿る」 古代のローマの詩人、ユウェナリスの言葉。 健全な身体でないと、健全な精神は宿らない。 身体が弱ると、やる気が出なくなったり、マイナス思考になったり、健全な精神ではなくなる。仕事や遊びもおぼつかない。風邪になっ…

ワードジャーニー Day27「この世界は、巨大な教室」

「この世界を数十億人が暮らす惑星と考えるのではなく、数十億人がひしめく巨大な教室だと考えましょう。この豊富な教師陣の中の多くの人から、私たちは日ごろ個人授業を受けているのです。ただし、その人たちは、ふつうの人として私たちの前に現れます」 ア…

ワードジャーニー Day26「自分を磨く砂」

「俗世間に生き、さまざまな苦楽を味わい、幸不幸の波に洗われながらも、やがて息絶えるその日まで、倦まず弛まず一生懸命生きていく。そのプロセスそのものを磨き砂として、おのれの人間性を高め、精神を修養し、この世にやってきたときよりも高い次元の魂…

ワードジャーニー Day25「生き切る」

「本来無一物」(ほんらいむいちもつ) ものごとはすべて本来、空(くう)であるから、執着すべきものは何ひとつないという禅の言葉。 人間、何も持たずに裸で産まれてくる。 人間、何も持たずひとりで死んでいく。 人間、本来無一物なのである。 頑張って建…