3年4ヶ月勤めた会社を辞め、青年海外協力隊でルワンダへ。未来に恋できるような人生にプラスになる情報を発信していきます。

いい言葉に出会おう。人間力サミット1日目。

ムラホ!!

大石祐助です!

 

今週は、本じゃないです!

 

究極の勉強会「人間力大学」の創設者、大嶋啓介さん主催の「人間力サミット」というWEBセミナーがありました。5月4日から6日までの3日間で、計15人の講師の方々のお話を聞けるイベントです。

たとえば、天才コピーライターのひすいこたろうさん、メンタルトレーニングの第一人者の西田文郎先生、YouTube講演家の鴨頭嘉人さんなどと、ほんとに贅沢です。

 

新たな出会いを求めて受けてみたのですが、最高の3日間になりました。

「人間力サミット」で検索すれば、まだ見れると思います。きっと良い出会いがあります。

 

f:id:YusukeOishi:20200509121659j:plain

 

ここからは、1日目の講演で印象に残ったところをシェアさせてください!

1日目は、てんつくマンさん、中村文昭さん、小林さやかさん、矢部裕貴さん、香取貴信さん、加賀屋克美さん、鬼丸昌也さん、ひすいこたろうさん。初日からスゴイ。

 

今回、紹介したいのが、認定NPO法人テラ・ルネッサンス創設者の鬼丸さんのお話です。

鬼丸さんは、アジアやアフリカで「地雷撤去の活動支援」や「元こども兵の社会復帰支援」などの活動されています。高校生の時に聞いた言葉が、このような活動につながっていったそうです。

 

ここからが最も印象的だったところです。

こんなことをおっしゃっていました。

 

「誰かと出会ったり、誰かの言葉を得ることが、その場でスイッチが入るかは、わからない」「だから、色んな人のいい言葉に触れておいた方がいいなと思う、いつ開くかわからないですもんね」

 

いい言葉に触れていると、その時じゃなくても、どこかでスイッチが入る。

 

これだ!!と思いました。

僕も今から3年ほど前、人生に行き詰まり、ひたすら「生きる意味」を考えている時期がありました。全く答えがでず、もがいていました。

しかし、そのときに、ふいに言葉が浮かんだきました。その言葉に救われました。1年前に読んだ、本の言葉でした。鬼丸さんの言葉を借りれば、スイッチが入りました。

 

ひとつでも、好きな言葉を持っているだけで、辛いときに支えてくれます。迷ったときには、背中を押してくれます。言葉ひとつで、人生が変ったりもします。

 

それが、鬼丸さんの言うように、その時じゃなくても。

明日かもしれないし、1年後かもしれないし、10年後かもしれい。

だから、いい言葉にたくさん出会う。

 

人間力サミット1日目だけでも、沢山のいい言葉を浴びれました。

てんつくマンさんの「トライ&エラーでへこまない。上手くいかないほど、ワクワクする」、ひすいさんの「すべては必然で、すべてにギフトがある」などなど。

他にも、まだまだ紹介したいのですが、ここまでにします。書ききれなくなるので。笑

 

講師の方々のお話を聞いていて、分かるのは、みなさん前向きです。決して、人や環境のせいにしません。今、ある環境の中でどうしようかと建設的に考え、楽しんでいます。その姿は、本当にカッコイイです。

 

人間力サミット2日目、3日目についても、紹介させてください!まだまだステキな言葉や考えが、たくさんあります。

 

本日も最後まで読んでいただき、ありがとうございます!!

 

blog.yusukeoishi.com

blog.yusukeoishi.com