3年4ヶ月勤めた会社を辞め、青年海外協力隊でルワンダへ。未来に恋できるような人生にプラスになる情報を発信していきます。

ワードジャーニー Day14「足るを知る」

「知足」(ちそく)

 

足るを知ること、という禅の言葉。

 

「いまあるもので十分で、それだけでありがたい」と心から感じるのは、正直、簡単ではない。

 

「昔は」とか、「アフリカの子供たちは」とか、比べられると「たしかにそうなんだろうけど、、、」と頭では分かる。

だからといって、心の底から「自分は恵まれている」と思うのは難しい。

 

しかし、心から満ち足りていると感じる方法がある。

 

内に目を向けるのだ。

 

そもそも外に目を向け、比べるからいけないのだ。比較の中でしか感じることのできない幸せに、価値はない。

 

朝起きて、ご飯を食べれて、学校に行けて、帰る家がある。友達がいて、家族がいる、何よりも生きている。もうこれだけで十分ではないか。

今、生きられているだから、足りているはずなのだ。

 

この知足を実践できるようになると、いくつになっても、どこにいても、幸せでいれる。どんな状況でも、幸せを感じられるようになる。

 

人生において、本当に必要なものは限られている。そして、だいたいもうある。しかも、すぐそばに。

 

知足、この心持ちで生きてみよう。