3年4ヶ月勤めた会社を辞め、青年海外協力隊でルワンダへ。未来に恋できるような人生にプラスになる情報を発信していきます。

ワードジャーニー Day21「僕たちには、一つだけ自由が残されている」

「どのような状況になろうとも人間には一つだけ自由が残されている。それは、どう

行動するかだ」

 

e-Education創業者、税所篤快さんの言葉。

 

どんな状況になっても、どう行動するかは自由だ。

 

こんな状況だから、無理だと諦めることもできる。

こんな状況だから、どうしたら上手くいくかを考えることもできる。

 

どういう行動を選択するかは、自由なのだ。

 

困難な状況にいて、その状況を悪化させたいと思う人はいないはずだ。

だとしたら、どんな状況下でも、建設的に考え、行動するしかない。

 

全財産を失った、すべての友人を失った、夢も失った、、、何もかもなくなった。

 

その状況に嘆いたところで、何も変わらない。「あのとき、こうしていればと、、、」と後悔しても、何も変わらない。

 

すべてを失っても、今から「どう行動するか」という自由だけは残っている。反対に「どう行動するか」しか残ってないのだとしたら、簡単だ。

 

もう、「どうしたら上手くいくか、考えて行動する」しかないからだ。