3年4ヶ月勤めた会社を辞め、青年海外協力隊でルワンダへ。未来に恋できるような人生にプラスになる情報を発信していきます。

ワードジャーニー Day27「この世界は、巨大な教室」

「この世界を数十億人が暮らす惑星と考えるのではなく、数十億人がひしめく巨大な教室だと考えましょう。この豊富な教師陣の中の多くの人から、私たちは日ごろ個人授業を受けているのです。ただし、その人たちは、ふつうの人として私たちの前に現れます」

 

アメリカの作家、ジェリー・ミンチントンの言葉。

 

私たちの周りには、教師がたくさんいます。

 

その教師たちは、さまざまなことを教えてくれます。その教え方も、さまざまあるみたいです。

 

優しく分かりやすく教えてくれる教師もいれば、何も言わずに見て学べという教師もいます。

自ら悪いことをして学びを与えくれるような教師もいれば、巨大な教室に誕生したばかりの遥かに年下の教師もいることでしょう。

 

彼らはどんなところでも、教鞭をとっています。ただ、彼らは、ふつうの人を装っています。

だから、私たちが常に生徒として、授業を聞かないと見過ごしてしまいます。

 

いつ、どこにいても、学徒たれ。